ケビン・コスナーの渋さを堪能 ~守護神(DVD)~

| トラックバック(0)

shugoshin1.jpg
今日は、6月20日にレンタルスタートの『守護神』をDVDで鑑賞。
比較的感動しやすいσ(⌒▽⌒;) レート: ★★★★☆


ケビン・コスナーの“なんちゃって”ファンにとっては、見逃せない1作。
う~~ん、さすが久しぶりのケビン、なかなか渋いですねぇ。。といっても渋さ極まりはボディーガード以来か・・・。
ストーリーもなかなか、海猿っぽい(笑) いまは、コーストガードが世界的に注目なんでしょうか?
ぱ~っとみて楽しめる。

監督:アンドリュー・デイヴィス
ベン・ランドール:ケビン・コスナー/もちろん主人公、沿岸警備隊で、一時Aスクールの教官
ジェイク・フィッシャー:アシュトン・カッチャー/Aスクール新人さんでランドールのパートナーに
スキナー:ニール・マクドノー
エミリー:メリッサ・サージミラー
ハドレー:クランシー・ブラウン
ヘレン:セラ・ウォード/ベンの奥さんだが・・別居を
マギー:ボニー・ブラムレット/バーのおかみさん、歌が渋い!
ホッジ:ブライアン・ジェラーティ/これまで2回失格、3回目に挑戦のAスクール生徒
shugoshin2.jpg

あらすじは・・

アラスカ、コディアックに・・・嵐のなか、暗闇の海を泳ぎ遭難者の救出にかけるレスキュー・スイマー、ベン・ランドールがいる。ある日、救出任務の際、救出用のヘリが船(残骸?)に接触し海へ墜落。生存する唯一の相棒と救出を待つが結局、生存者はベンただ一人という最悪の結果に。深いダメージを負ったベンは、現場の第一線を退き、Aスクールの教官に。妻ヘレンもベンの元を去っていく。

Aスクールは、での訓練は過酷を極め、卒業できるのは50%以下。海難救助の最前線で幾たびもの修羅場をくぐってきたベンが、新人生徒を厳しく指導していく。彼はそこで、元高校の水泳チャンプである訓練生、ジェイク・フィッシャー(アシュトン・カッチャー)と出会う。
ジェイクには忘れられない過去があった。高校時代に自分の運転していた車で事故を起こし、大事な水泳チームの仲間全員を失っていた。唯一生き残った彼は、死んでいった仲間たちへの自責の念に絶えずさいなまれ、振り払おうとすればするほど、その苦しみから逃れられずにいた。ジェイクにとって、自らの泳ぎの才能を生かして、他人の命を救うこと以外に、生きていく術などなかった。
ベンはジェイクの実力を認め・・、Aスクール卒業後、ジェイクはベンと同じコディアックの沿岸警備隊に配属され同僚となる・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://k-tsuji.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/3

2013年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、が2007年7月 2日 00:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「デザインを考える・・・」です。

次のブログ記事は「週末釣り紀行(o ̄ー ̄o) ムフフ #1(葉山はダメぽん)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.26